ヨドコウ迎賓館
(旧山邑家住宅)

※現在保存修理工事のため閉館中
◆開館日
 毎 土・日・水曜日と祝日
◆開館時間
 10:00〜16:00
 (入館は〜15:30)
◆入館料
 大人・大学生は500円
 小・中・高校生は200円
◆所在地
 〒659-0096
 兵庫県芦屋市山手町3-10
◆お問い合わせ
 淀川製鋼所 PRグループ
 TEL:06-6245-9103
 ヨドコウ迎賓館
 TEL:0797-38-1720

建物概要

国指定重要文化財
設計:フランク・ロイド・ライト
実施設計・施工監理:遠藤新・南信
設計年:1918年
竣工年:1924年
構造:鉄筋コンクリート
敷地面積:約5,200
建物面積:約359.1
延べ床面積:約542.43

links

大阪城の残念石

0

    皆さんは「残念石」をご存知でしょうか?

     

    豊臣秀吉の居城として建築された大阪城。

    大阪冬・夏の陣で落城した後、徳川幕府によって再建されました。

    その再建工事の際に、石垣に使用するため切り出された石のうち、何らかの理由で使われることのなかった石のことを「残念ながら城の石垣になれなかった石」ということで「残念石」と呼びます。

     

     

    残念石は西日本を中心として各地に点在していますが、その内の一つが当館のすぐ下の空き地にあります。

    上がその写真です。

     

    中央に歯型のような跡があるのが分かりますでしょうか?

    これは矢穴と呼ばれ、巨大な石を切断するために掘られたものです。

     

    当時は切断するための重機がありませんでしたので、職人が道具を駆使して石を必要な大きさに割っていました。

    分断したい箇所にこのような穴を掘り、そこに楔(くさび)を打ち込んで石を割ります。

     

    大阪城に限らず、城の石垣をよく見ると、たまに同じような跡がついた石があったりします。計画が途中で変更になった等、何らかの理由で、割られずに矢穴だけ残った石ということですね。

     

     

    当館の近くだけでなく、芦屋には同様の残念石が複数あります。

    上の写真は阪急芦屋川駅からルナホールへと向かう途中、松ノ内花壇の中にある残念石です。

    昔は六麓荘付近に石切丁場があったようで、そこから大阪へ運ぶ際に落ちたものだと考えられています。(落城を連想させることから、運搬時に落ちた石はそのままにされることが多かったそうです)

     

    芦屋にお越しの際には探してみるのも楽しいかもしれませんね。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Facebookページを開設しました

    0

      この度、当館のFacebookページを新たに開設しました。

       

      イベントや工事についてのタイムリーな情報、このブログの更新情報などをお知らせしていく予定です。

      お気軽にフォローやコメント、いいね!を送っていただければ嬉しいです。

      どうぞよろしくお願いします。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

      「サザエさん」オープニングに

      0

        3月も終わりに近付き、桜の季節が待ち遠しい今日この頃です。

        例年開催している雛人形展がなく少々さびしい4月を迎えようとしていましたが、この度嬉しいニュースを皆さまにお伝えできます。

         

        毎週日曜日18時半から放送中のテレビアニメ「サザエさん」のオープニングに、ヨドコウ迎賓館が登場することになりました!

         

        「サザエさん」のオープニングでは主人公のサザエさんが日本各地を訪れていますが、この4月から9月までの半年間は兵庫県が旅の舞台となります。

         

        当館が登場するのは4月から6月までの春編です。

        その他の春編に登場する名所の詳細は、関西テレビのHPをご確認ください。

        http://www.ktv.jp/info/press/170326.html

         

        4月2日が初めての放映日になります。

        残念ながら工事期間中のため閉館しておりますが、サザエさんを通して小さなお子さんにもフランク・ロイド・ライトの建築を知っていただく良い機会になれば嬉しく思います。

        放送をどうぞお楽しみに!

         

        このエントリーをはてなブックマークに追加

        開森橋渡り初め

        0

          芦屋川の上流、フランク・ロイド・ライトにちなんで名付けられたライト坂のふもとに架かる開森橋(かいもりばし)の架け替え工事が完了し、11月5日(土)に渡り初め式がありました。開森橋は当館の南側に位置し、駅から徒歩で当館に来られた方はおそらく渡ったことがある橋だと思います。

          式典では芦屋市長の挨拶や、テープカット、山手中学校吹奏楽部の演奏などが行われ、市民の皆さまが橋の上を渡りました。

           

          芦屋 開森橋

           

          開森橋は歴史のある橋で、1938(昭和13)年の阪神大水害では付近の堤防が壊れ、その様子は谷崎潤一郎の『細雪』にも描写されています。その後1953(昭和28)年に架け直されましたが、経年劣化による老朽化や耐震性の問題は避けられず、2年前より3度目の工事が行われていました。

          今回、橋から見える当館の外観の色に合わせるために、橋の高欄はやわらかい色合いの黄竜石(こうりゅうせき)が使われ、淡い黄色にするなど周囲との景観に配慮されたそうです。

           

          芦屋 開森橋

           

          芦屋川の桜

           

          このあたりから当館の方を望むと、下を流れる芦屋川はもちろん、春には桜の花、秋には紅葉が見事です。芦屋市長もご挨拶で言われたそうですが、これまでは開森橋から景色を楽しまれていた方が多い印象でしたが、今後は開森橋も景色の一部として楽しんでいただければと思います。

          当館は保存修理工事中のため閉館中ですが、こうして芦屋の風景の一部としてもお楽しみいただければ嬉しいです。

           

          このエントリーをはてなブックマークに追加

          米国総領事館の皆様

          0

            去る6月18日(土)、駐大阪・神戸米国総領事ご夫妻をはじめ、総領事館のスタッフの方々とそのご家族が来館されました。

             

            film_a.png

             

            写真の右お二人がGreenberg総領事ご夫妻です。

            お二人は平成26年8月に初めて来館されましたが、その時は日本に着任してまだ10日も経っていない頃だったそうです。

            今回で総領事は3回目、奥様は4回目のご来館となりましたが、「毎回新しい発見がある」と仰っていただきました。

             

            film_a.png

             

            上の写真は、2階応接室で館長から建物の来歴や特徴の解説をさせていただいているところです。

            この後、皆様は1時間以上熱心に館内を見学されましたが、当館の独特の立地や意匠に大変興味を持たれたようで、何枚も写真を撮っていらっしゃいました。

            当館の設計者フランク・ロイド・ライトは、彼の母国であるアメリカではやはり最も人気のある建築家だそうです。

            Mrs. Greenbergには「ぜひアメリカにライト建築を見学しに来てください」と言っていただきました。勉強のためにも何とか実現したいのですが、残念ながらしばらくは難しそうです。

             

            このエントリーをはてなブックマークに追加
            | 1/3PAGES | >>