ヨドコウ迎賓館
(旧山邑家住宅)

※現在保存修理工事のため閉館中
◆開館日
 毎 土・日・水曜日と祝日
◆開館時間
 10:00〜16:00
 (入館は〜15:30)
◆入館料
 大人・大学生は500円
 小・中・高校生は200円
◆所在地
 〒659-0096
 兵庫県芦屋市山手町3-10
◆お問い合わせ
 淀川製鋼所 PRグループ
 TEL:06-6245-9103
 ヨドコウ迎賓館
 TEL:0797-38-1720

建物概要

国指定重要文化財
設計:フランク・ロイド・ライト
実施設計・施工監理:遠藤新・南信
設計年:1918年
竣工年:1924年
構造:鉄筋コンクリート
敷地面積:約5,200
建物面積:約359.1
延べ床面積:約542.43

links

情報公開掲示板設置のお知らせ

0

    工事の期間中、当館に関する情報や保存修理工事についての情報を皆様にお知らせするための掲示板を設置しました。

     

    場所は駐車場(現在は事務所が建てられています)から正門まで道なりに進んでいただいた途中に2か所あります。下の画像の☆マークをご参考ください。

     

    basyo.jpg

     

     

     

     

    上(正門寄り)の掲示板では工期や工事中の写真、下(駐車場寄り)の掲示板では当館の特徴や来歴、設計者であるフランク・ロイド・ライトなどについて簡単に説明したパネルを載せています。

     

    工事についてのパネルは随時情報を追加していきます。

    当館の近くまで立ち寄られた際にはどうぞご覧ください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    工事だより vol.4

    0

      当館の保存修理工事が始まってから5月で6ヶ月が経ちました。

      現在は建物の周りを完全に足場と素屋根のテントが覆い、写真のような状態になっています。

       

      今回は、この足場と素屋根についてご紹介します。

       

       

      まず、建物の周りを覆っている足場についてです。

       

      一般的に、足場を設置する場合には建物の壁に直接固定して強度を確保することが多いのですが、当館は壁の強度がそれほど強くはない上に重要文化財ということもあり、直接壁と繋ぐ方法は採用していません。

      そのため、足場自体の強度を高めることで強風やねじれへの対策をする必要がありました。

       

      DSC09098.JPG

       

      写真のようにパイプを縦横に張り巡らせ、さらに斜めにも組み込むこと(トラス構造)で補強しています。

       

      また、当館の西側は急な斜面になっていますので、通常の足場以外にも「補強用足場」を設けてさらに安全性を高めています。

       

      迎賓館用2.jpg

      名称未設定-2.jpg

       

      次に素屋根についてです。

       

      今回の修理工事では、防水工事のために屋根の防水層を撤去することから、建物への雨水の浸入を防ぐ目的で素屋根が設置されました。

      過去に行われた修理工事でも設置はしていましたが、今回初めて素屋根にテントシートが使われています。

       

      テントシートを採用した理由の一つにシートの素材の軽さがあります。

      当館は丘の斜面に沿って建てられているため、足場の多くは斜面に設置されます。補強用足場の設置など安全性には十分配慮していますが、今回の工事では地盤への影響を少しでも低減させるために、素屋根の素材を軽いものにしました。

       

      また、高台は風の影響を受けやすいのですが、シートはヒモで確実に足場に留められる構造のため、強風に強いことも、この素材を選んだ理由の一つです。

       

       

      しかし一般的に、テント屋根はシート同士の重ね合わせ部分から漏水しやすいと言われています。その弱点をどのように克服したのでしょうか?

       

      実は、重ね合わせ部分に工夫があるのです。

       

      テントシート重ねあわせ部分断面図

       

      名称未設定-1.jpg

      名称未設定-3.jpg

       

      上図のように、パイプの部分を袋状にして雨水が浸入しないようにし、その外側を樋のようにして(内樋)、水が流れ落ちるよう工夫しています。

      また、内側からテントの取り付けが出来ることや、光をある程度通すので内側が明るくなることもシートの利点です。

       

      いかがでしたでしょうか?

      貴重な建物を守るため、このように様々な配慮や工夫をしながら工事は進められています。

       

      詳細は未定ですが、いずれ工事中の様子を一般の方にも見学していただくツアーを開催する予定です。その際には足場や素屋根にも注目してみて下さい。

       

      次回の工事だよりは飾り石についてお届けします。

       

       

       

       

       

       

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

      テレビ番組「あしやトライあんぐる」

      0

        芦屋市、神戸市エリアのケーブルテレビ(J:COM)で放映中の芦屋市広報番組『あしやトライあんぐる』で当館の保存修理工事が紹介されています。

         

         

        番組内では、足場の状況や、バルコニーの床に敷かれた大谷石の撤去作業の様子を撮影していただきました。当館の工事担当の方も出演し、撮影当日の工事の内容を簡単に解説されています。

         

        テレビは芦屋市・神戸市エリア在住の方しか視聴できませんが、YouTubeや芦屋市のホームページからはどなたでも番組を視聴できます。

        テレビの放映時間やチャンネルについてはこちらをご確認ください。4月30日までの間、一日5回放映されます。

         

         

        YouTubeでの映像はこちら、ヨドコウ迎賓館は8:52頃からです。↓

         

        このエントリーをはてなブックマークに追加

        工事だより vol.3

        0

          節分も立春も過ぎましたが、まだまだ寒さが続きますね。

           

          当館の工事は進み、4階にも足場が組まれ、北側のバルコニーからシートがかけ始められました。

          この足場とシートについては、また改めてご紹介する予定です。

           

          003.JPG

           

          002.JPG

           

          さて前回の「工事だより vol.2」で、当館3階和室の畳をすべて外したことをお伝えしましたが、その続報です。

           

          現在、畳がすべて取り払われて板間の状態ですが、この床板は実は建築当初から残るオリジナルのものだそうです。

          このことは昭和60年〜63年に行われた保存修理工事の際に分かっていましたが、今回の工事で改めて根拠を確認することが出来ました。

          興味深い内容でしたので、皆様にもご紹介いたします。

           

          DSC_0355.JPG

           

          床板の写真です。

          よく見ると一枚一枚、板の幅が違います。

          写真中央の板が特に幅が広いので分かりやすいかと思います。

           

          文化財保護に携わられている兵庫県教育委員会の担当の方によると、板幅が今のように均一に規格化されたのは機械が普及した戦後からで、このように幅が違うのは戦前の建物によく見られるそうです。

           

          DSC_0354 (2).JPG

           

          そして板のアップです。

           

          うっすらと斜めに線が入っているのが分かるでしょうか?

          この線は、近年使用されている電動の回転式ノコギリではなく、手作業でノコギリを使って板を切断すると表れるそうです。

          斜め線の下、平らになっている箇所はかんなをかけた跡かと思われます。

           

          昭和前期までは作業現場に木材を切る専門の職人がいたそうで、ここでも現場に木材を持ち込んで製材していたのかもしれません。

          電動ノコギリやチェーンソーが日本に普及したのは昭和30年代のようですので、このことからも、この板は戦前のものだと推測できます。

           

          文化財ですので、このような普段目に触れない床板であっても、出来る限りオリジナルのものは未来に残す必要があります。

          最初の修理工事でも、このオリジナルの床板を再利用できるよう、床板を外すときに一本一本釘を丁寧に抜いていたそうです。

           

          工事を進めていると、いろいろな発見があります。

          また新しい情報が入り次第、このブログで紹介して参ります。

           

          このエントリーをはてなブックマークに追加

          工事だより vol.2

          0

            大寒も過ぎ暦の上では春に向かっているはずですが、まだ寒い日が続きますね。

             

            当館の近くを流れる芦屋川では、この季節カモが泳ぐ姿をよく見かけます。

            カモは渡り鳥ですので春にはまた北へ帰っていきますが、当館へ向かう道すがらカモの姿を見かけると心が和みます。

             

            芦屋川のカモ

             

             

            さて1月より足場の設置工事が始まり、現在はこのような状態になっています。

            以前は阪急芦屋川駅や開森橋から当館の外観を見ることが出来たのですが、今は足場に覆われているため見えづらくなってしまいました。

             

            ヨドコウ迎賓館 工事

             

            ヨドコウ迎賓館 工事

             

            ヨドコウ迎賓館 工事

             

             

            そして、もう一つ。

            当館の3階には8畳、6畳、10畳の和室があります。

            これは当初フランク・ロイド・ライトの設計にはなかったものですが、施主の強い希望により実現しました。春には毎年この部屋で雛人形展を行っています。

             

            その和室が、ただいま保存修理工事のため全ての畳を上げています。

             

            ヨドコウ迎賓館 工事

             

            ヨドコウ迎賓館 工事

             

            畳の下はこのような板張りになっていたのですね。

            取り外した畳は隣の部屋に重ねて置いています。

             

             

            毎年この時期には雛人形展の準備をしているのですが、今年は保存修理工事で閉館中のため開催することが出来ません。

            近日中に雛人形を別の場所に移動させる予定がありますので、様子をブログでご報告できればと思っています。またチェックしていただけたら嬉しいです。

             

            このエントリーをはてなブックマークに追加
            | 1/2PAGES | >>