ヨドコウ迎賓館
(旧山邑家住宅)

※現在保存修理工事のため閉館中
◆開館日
 毎 土・日・水曜日と祝日
◆開館時間
 10:00〜16:00
 (入館は〜15:30)
◆入館料
 大人・大学生は500円
 小・中・高校生は200円
◆所在地
 〒659-0096
 兵庫県芦屋市山手町3-10
◆お問い合わせ
 淀川製鋼所 PRグループ
 TEL:06-6245-9103
 ヨドコウ迎賓館
 TEL:0797-38-1720

建物概要

国指定重要文化財
設計:フランク・ロイド・ライト
実施設計・施工監理:遠藤新・南信
設計年:1918年
竣工年:1924年
構造:鉄筋コンクリート
敷地面積:約5,200
建物面積:約359.1
延べ床面積:約542.43

links

ライトツアー6日目 〜ライズリー邸〜

0

    いよいよ見学は最後の日になりました。

    この日はニューヨークで3カ所をまわります。

     

    出発の前に、ホテルがセントラルパークの近くでしたので、この日も早起きをして散歩に行きました。

    広大な公園のまわりに高層ビルが立ち並び、ドラマや映画のように外周をジョギングしている人を沢山見かけました。

    映画の撮影スポットをまわるウォーキングツアーもあるそうです。

     

    1.JPG
     

    マンハッタンからバスで1時間ほど移動して、ニューヨーク州プレザントビル(Pleasantville)の森の中に入っていくと住宅群があります。

    移動中は、こんな森の中に住宅群があるとは思わず、驚きました。

     

    約100エーカー(約4,047屐砲良瀉呂法▲薀ぅ箸箸修猟鏤劼燭舛寮澤廚靴織罅璽愁縫▲鵐好織ぅ襪僚斬陲あり、ライトはここで3件設計しています。

    その中の1件が、これから見学するライズリー邸です。

     

    バスを降りて歩いて向かうと、木立の中に建物の姿が見え隠れしてきます。

    まさしく周囲の環境に溶け込んでいました。

     

    2.jpg

     

    屋根からのびるカーポートが印象的です。

     

    3.jpg

     

    柱と屋根の接合部です。施工が大変そうですね。

     

    4.jpg

     

    この建物は1951年竣工で、今でもオーナーのライズリーさんが御夫婦で住んでいらっしゃいます。

     

    ライズリーさんは、直接ライトにこの家の設計を依頼されたそうです。

    ライトは大変親切で“傲慢で風変りな人”という一般的なイメージとは違っていたと仰っていました。

    予算が少なかったため、最初はダイニングとリビングに寝室一つというコンパクトな造りで設計され、後に子供部屋が増築されました。

     

    木と石を使った建物が地面につきささって行く様で、自然と建物の一体感を感じました。

     

    5.jpg

     

    リビングには広い窓が並び、風にそよぐ木立がよく見えます。

     

    6.jpg

     

    ダイニングテーブルは変わった形をしています。

    この建物は、天上、床、照明、家具などが三角形を基本にひし形や六角形を使ってデザインされ、色はチェロキーレッドで統一されていました。

     

    7.jpg

     

    洗面所の一つは、シンクのみならず周りのタイルまで六角形のデザインです。

     

    8.jpg

     

    ドアの掛け金はヨドコウ迎賓館とよく似ていました。
    全体的なデザインは異なるものの部分的に似ているところが結構あります。

     

     

    ライズリー邸の金具

     

    10.jpg

    迎賓館の金具
     

    ライズリーさんは、ヨドコウ迎賓館の竣工した年と同じ1924年生まれだそうですので、今年で93歳になられます。

    かくしゃくとされていて声にもハリがあり、とてもそんなご高齢とは思えませんでした。

     

    実際に生活をされているお宅を公開するのは大変だと思いますが、とても貴重な経験となり、生活があっての住宅ということを改めて実感しました。

    ヨドコウ迎賓館でも、生活感を感じていただけるような活用方法を検討していきたいと思います。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ライトツアー5日目 〜落水荘〜

    0

      いよいよライトの最高傑作といわれる「落水荘」の見学です。

      この作品からフランク・ロイド・ライトの第二期黄金時代が始まります。

       

      早朝の6時過ぎにホテルを出発して8時前に到着しました。

      オープンが8時からなのでしばらくバスで待機して、いよいよビジターセンターに向かいます。

       

      300.png

       

      ビジターセンターの受付です。

      この奥にカフェやショップ、展示室などがあります。

       

      300.png

       

      手荷物を備え付けのロッカーに預け、3班に分かれてツアー開始。

      ガイドはもちろん英語ですので、ツアーナビゲーターの遠藤さんと添乗員の方に加え、参加者の中で英語の堪能な方に通訳をしていただきました。

       

      この建物は、デパートのオーナーであるカウフマン氏の別荘として建てられました。

      1937年の完成ですので、ヨドコウ迎賓館が竣工した13年後になります。

      この時ライトは70歳で、一時期スキャンダルで仕事が激減していましたが、この建物やツアー3日目に訪れた1939年完成のジョンソン・ワックス本社などから再び黄金時代を迎えました。

       

      しばらく森の中を歩くと川の流れる音が聞こえ、建物が徐々に見えてきます。

       

      300.png

       

      下の写真は手前にある橋の上から撮りました。

      天気が良かったこともあり、建物の石とコンクリート、そして周辺の樹木との色のコントラストがとてもきれいでした。

       

      川の上にバルコニーが付き出る構造になっていますが、このバルコニーが傾いてきたため、大規模な修理工事が行われて2002年に完工したそうです。

      川は水量が豊富で、音も予想以上に大きく驚きました。

       

      267.png

       

      橋を渡るとパーゴラがあり、下の道は別棟のゲストハウスへ続いています。

      写真の左側に入口がありますが、やはりここも案内がなければ気付かないほど狭い作りになっています。

       

      300.png

       

      入口の手前にある木を避けるため、パーゴラが一ヶ所だけ湾曲して作られているのもライトらしいですね。

       

      300410.png

       

      室内に入り、リビングに上がります。

       

      リビングにある暖炉は、今まで見た中で一番大きなものでした。

      左側にある赤いボールは暖炉の前まで動かして、ワインを温める時に使うようです。

       

      暖炉の手前には岩が露出しています。

      有名な話ですが、施主のカウフマン一家が、この家を建てる前にこの岩の上で遊んでいたそうで、ライトはそれをそのまま生かしてこの家を設計しました。

       

      267.png

       

      暖炉手前のダイニングテーブルと椅子は、デザインが少し変わっています。

      これはカウフマン夫人のこだわりで、イタリアで購入したものだそうです。

       

      267.png

       

      ダイニングとつながっているリビングは広々としていて、開放的な窓からは外の景色がきれいに見えます。

      写真では少しわかりにくいかもしれませんが、窓に近づくにしたがって天井が少しずつ低くなっています。

      これは、目線や意識を外に向かわせるためだそうで、岩も天井も、部屋の中にいても常に外の自然とつながるように作られています。

       

      400258.png

       

      リビングから川に降りる階段の入口です。

      残念ながら降りることはできませんでした。

       

      267.png

       

      階段を外から見た写真です。

      水面までは届いていません。

       

      300.png

       

      なぜかリビングの隅には見学者用と思われる「うちわ」が置いてありました。

      このようなものも含め、この家でも東洋的な装飾品が多く飾られていました。

      他の部屋には、ライトがカウフマン氏にプレゼントしたという歌川広重の絵がかけてありましたが、何と本物だそうです。今でも普通に飾られているのに驚きます。

       

      300.png

       

      各フロアのバルコニーからはすぐ下に川が見え、川の音とともに鳥のさえずりが聞こえ蝶が舞う、自然を満喫できる環境です。

       

      300.png

       

      寝室の窓がおもしろい形をしていました。

      網戸が内側に開き、窓ガラスは外に開きます。

      コーナーの真ん中に桟がないので、全開にすると、このように開放的な風景を見ることが出来ます。

       

      267.png

       

      外装に使用されている石材が、室内にもふんだんに使われています。

      なんとなくヨドコウ迎賓館との類似性も感じられますね。

      やはり出入口や通路・階段は狭く作られています。

       

      300450.png

       

      子供部屋に上がるおしゃれな階段です。

      周りが石材なのでまるで洞窟の中に入っていくような雰囲気です。

       

      300.png

       

      このフロアも庇は低く、アメリカの背の高い方ならすぐに頭を打ちそうです。

      バルコニーには植栽があり、小さい窓は下のフロアにある浴室の明り採りになっています。

       

      264.png

       

      本館の上にあるゲストハウスです。

      写真左側から通路で繋がっています。

      ゲストハウスは、写真でもほとんど見た事がありませんでしたので、楽しみにしていました。

       

      300.png

       

      ゲストハウス入口です。

      通路の屋根は、片持ちの柱で支えられており、視界を遮りません。この構造もすごいですね。

       

      300.png

       

      入口から入って左側にリビングルームがあります。

      本館に比べるとコンパクトですが落ち着きそうです。

       

      400283.png

       

      リビングルームから反対側を眺めます。右側が出入口です。

      写真の奥がベッドルームになっていて、ここでも扉や壁で部屋を区切ることはしていません。

      ベッドルームからバルコニーに出られます。

       

      267.png

       

      バルコニーから見ると、この建物が緑に囲まれているのがよく分かります。

      左下に少し見えている石はプールのへりで、結構深いプールがありました。

       

      281.png

       

      見学の最後が、有名なビューポイントでした。

      本館に戻って、少し歩いたところにあります。

       

      バルコニーにいる人の背丈から滝の大きさがよくわかりますね。

      意外にもこの時は見学者が少なく、ゆっくりと撮影ができました。

      アイボリー系の庇や壁が横の広がりを強調するせいか、それほど高さを感じません。そして、自然と建物の調和がとても美しいですね。

       

      267.png

       

      以上で見学ツアーは終わり。

      このあとはビジターセンターに戻って昼食とショッピングです。

       

      ショップでは珍しい物を見つけました。ライトのマリオネットです。

      $56と少々高め・・・。

       

      300450.png

       

      いかがでしたでしょうか?

      落水荘は、周辺の自然と相まって本当に素晴らしい建物でした。

       

      ヨドコウ迎賓館と通じるところも多くありましたが、落水荘の方がより開放的で自然に近いイメージでした。当館はどちらかというと石や壁に囲われたやや重厚なイメージですね。

      これは、環境の違いによるところが大きいと思われます。

       

      また落水荘での見学は、写真撮影の有無、外観のみや外・内観両方の見学、食事付きなどいくつかのコースがあり、タリアセンでも同様のシステムでした。このようなことも含めて、今回のツアーはいろいろと参考になりました。


      落水荘を後にしてバスでピッツバーク国際空港に移動し、次の目的地であるニューヨークに向けて約1時間30分のフライトです。

       

      写真は、飛行機から撮影した夕日に染まるマンハッタンです。

      エンパイア・ステートビルが見えています。キングコングはもちろんいませんでした(笑)

       

      21.JPG

       

      次回はいよいよ見学の最終日となります。

       

       

      ※All the Fallingwater images are used with permission of
      the Western Pennsylvania Conservancy.

      このエントリーをはてなブックマークに追加

      ライトツアー4日目 〜ミース建築(IIT、レイクショアドライブアパートメント)〜

      0

        ロビー邸見学後は、近代建築家の三大巨匠の一人である、ルードヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエの建築があるイリノイ工科大学(Illinois Institute of Technology、以下IIT)に向かいました。

        ちなみにミースはIITの教授も務めていたようです。


        キャンパス内は出入が自由で大型バスも入っていきました。

        日本では考えられないのではないでしょうか?


        最初に、ミースの設計ではありませんが、McCormick Tribune Campus Centerという、日本で言うところの学生会館のような建物に寄って昼食をとりました。
        ここには講堂・書店・ミーティングルーム・カフェ・コンビニなどがありますが、この日は休日でしたので閑散としていました。

         

        17.JPG
         

        電車の高架の下にある平屋の建物が会館です。

        なんとトンネルと建物がくっついていました。

         

        この会館の中には、面白いオレンジ色の窓があります。

         

        18.JPG

         

        ガラスの間にハニカム状のものが挟まっていて、角度によって見え方が変わります。また、外から光が当たると光の輪がサッと広がり、最初は電飾かプロジェクターを使用しているのかと思いました。

         

        緑に包まれた広大なキャンパスを歩いて行くと、木立の間から大きな建物が見えてきます。

         

        19.JPG

         

         

        ミース設計のクラウン・ホールです。

        建築学科の施設として使用されています。

         

        まさに鉄とガラスの建物ですね。

        梁を外に出すことで内部を広くしているそうで、機能重視です。

         

        IITのキャンパス内にミース設計の建物はたくさんありますが、チャペルもありました。 小さくて、シンプルですね。

        ミースの作品としては珍しいレンガ造りです。

         

        21.JPG

         

        中もとてもシンプルです。

        装飾性豊かなライト建築とは対照的なデザインです。

         

        22.JPG

         

        IITを出て、空港に向かう途中でもう一件ミース建築を見学しました。

        ミシガン湖のほとりに建つレイクショアドライブアパートメントです。

         

        やはり鉄とガラスでできた高層ツインビルです。

         

        23.JPG

         

        24.JPG

         

        “アパートメント“ですので、出入口には屈強そうな警備の人がいました。

        65年以上前の竣工時では斬新な建物として、かなり話題になったそうです。

        変わった名称ですが、建物の前に「レイクショアドライブ」という道路がありますので、これが由来だとか。

         

         

        奥に見えるのがミシガン湖、手前がその「レイクショアドライブ」です。

        幹線道路の一つらしく、結構渋滞していました。

         

        ここからオヘア空港に行き、今回の目玉の一つである「落水荘」に向けてピッツバーグへ移動します。

         

        このエントリーをはてなブックマークに追加

        ライトツアー4日目 〜ロビー邸〜

        0

          早朝にオークパークを散策した後、ホテルから大型バスで、プレーリーハウスの最高傑作といわれるフレデリック・C・ロビー邸に向かいました。

           

          バスから撮ったシカゴのビル街です。

          天気も良く、緑も多くて綺麗でした。

           

          1.JPG

           

          ロビー邸はシカゴ大学のキャンパス内にあります。

          その前に同じキャンパス内にある、ガラス張りでドーム型の図書館の外観を見学。ライトの設計ではありませんが、近未来的で目を引く建物です。

           

          シカゴ大学

           

          そしていよいよロビー邸に到着しました。

           

          ロビー邸

           

          想像していた以上の豪邸です!

          道路の反対側から撮りましたが、建物が横に長いため、正面からでは普通のレンズで撮ろうとしても1枚に収まりません。

           

          ロビー邸

           

          上の写真は良く目にする写真ですね。

          街路樹があるため、建物だけを撮ろうとするとこの角度になります。

           

          大きく張り出した屋根や、壁の白いラインが横の拡がりを強調しているので、この写真を見る限りではそれほど大きさを感じませんが…実際に見てみるとかなり大きな建物です。

           

          ロビー邸

           

          壁にはレンガが使用されています。

          このレンガをよく見てみると、目地の縦の部分だけ赤く塗られています。

           

          横の白いラインを強調するためですが、目地の縦ラインは一直線になっていませんので、塗る手間を考えると気が遠くなりそうです。

           

          見学ツアーの開始まで時間があったので、ショップで時間調整をしました。

          ここはもともとガレージだったようで、2階は使用人の部屋になっていたそうです。

           

          ロビー邸

           

          玄関は建物の裏にあり、周辺の道路からはすぐにはわかりません。

          写真の右側が表通りで、左側の奥が入口です。

          このように、入口が狭くて目立たないところに造られているのもライト建築の一つの特徴ですね。

           

          ロビー邸

                ↑入口              →表通り

           

          玄関から建物に入ると、やはり天井はかなり低くなっています。

          天井の階段部分は、上がる時に頭を打たないよう丸くカットされていました。

           

          ロビー邸

           

          階段を上がると、明るく広々した空間が広がっていました。

           

          階段を中心に、西側がリビングルーム、東側がダイニングルームになっていて、下の写真はリビングルームの北西側です。

           

          ロビー邸

           

          こちらは南側です。

          大きな美しいステンドグラスの窓が並んでいます。

           

          窓の外にあるバルコニーの腰壁が道路からの視線を遮り、大きく張り出した庇は太陽光が部屋の奥に射しこむのを防いでいます。

          このように、プライバシーを確保しながらも景色の良い快適な空間が作られていました。

           

          ロビー邸

           

          そして中央にある暖炉です。

          暖炉の後ろに階段があり、その奥がダイニングルームになっています。

          壁はなく部屋がつながっているため、暖炉の上からもダイニングルームの天井が見えていますね。

           

          ロビー邸

           

          階段のダイニングルーム側にある作り付けの家具です。

          暖炉・階段・家具は一体になっていて、これがリビングとダイニングの間仕切りになっています。

           

          ロビー邸

           

          ダイニングルームです。

          ライト特有の、背もたれが高くて格子状になっている椅子も奥に置いてあります。“ロビーチェア”として有名ですね。

           

          ロビー邸

           

          折り上げ天井の低くなっている部分には、変わったデザインの木がはめ込まれ、ダウンライトになっています。

           

          ロビー邸

           

          ご夫妻の寝室です。

          やはり美しいステンドグラスが並んでいます。

           

          ライトは、住宅や道路が近接しているところではステンドグラスを使用し、自然に囲まれたところでは、室内からも景色を楽しめるよう透明なガラスを使用することが多かったようです。

           

          ロビー邸

           

          いかがでしたでしょうか?
          直線的なデザインが多く、いかにも“ライト”という建物でした。

           

          専門的なことはわかりませんが、全体的にゆったり作られていながら、プラベートスペースには程良い狭さもあり、居心地の良さそうな住宅でした。
          ロビー家は14ヶ月間しか住まなかったそうですが、もったいないですね。
           

          この後は、フランク・ロイド・ライトと同じ近代建築の三大巨匠の一人であるルードヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエの建築を見学しました。

          その内容は次回ご紹介いたしますので、お楽しみに。

           

          このエントリーをはてなブックマークに追加

          ライトツアー4日目 〜オーク・パーク〜

          0

            オーク・パークは、フランク・ロイド・ライトの建築が最も多く集まっている場所です。

            公園の水飲み場を含めると初期の作品が27件あります。

             

            この日はオーク・パーク内のホテルに宿泊していましたので、せっかくの機会と地図を片手に朝6時前から散策してみました。

            一帯は閑静な住宅街で、緑に囲まれた素晴らしい環境でした。

             

            時間がなくて一部しか見学できませんでしたが、写真をご覧ください。
             

            ロバート・P・パーカー邸

            ロバート・P・パーカー邸(1892年)​

             

            トーマス・H・ゲイル邸

            トーマス・H・ゲイル邸(1892年)

             

            同時期に建てられたこの二つの家は外観がとてもよく似ており、八角形の構造が特徴的です。

            間に一軒挟んでいますが、夜だったら間違えてしまいそうです。

             

            ウォルター・H・ゲイル邸

            ウォルター・H・ゲイル邸(1893年)

             

            こちらも初期のライトの作品で、急勾配の屋根と円柱のホールが特徴です。

             

            ネイサン・G・ムーア邸

            ネイサン・G・ムーア邸(1895年)

             

            一度火事で再建されたそうですが、鋭い屋根の角度と迫り出したバルコニーが印象的でした。
            正面からは見られませんでしたが、やはり左右対称の造りに見えます。 
             

            フランク・W・トーマス邸

            フランク・W・トーマス邸(1901年)

             

            アーチ型の玄関、せり出した庇が特徴で、遠目で見ても窓ガラスの装飾の細かさに驚きます。

            この頃にはプレーリースタイルらしさが出てきています。

             

            アーサー・B・ヒュートレイ邸

            アーサー・B・ヒュートレイ邸(1902年)

             

            煉瓦の壁、アーチ型の玄関、庇付近までの連続窓が特徴的でした。

             

            エドワード・R・ヒルズ邸

            エドワード・R・ヒルズ邸(1906年)

             

            ピーター・A・ピーチ邸

            ピーター・A・ピーチ邸(1906年)

             

            ウィリアム・H・コープランド邸

            ウィリアム・H・コープランド邸(1909年)

             

            コープランド邸は、1870年代に建てられた家を1909年にライトが外観の一部と内装をリフォームしたものだそうです。

             

            今回巡った作品以外も含めて、オーク・パークにあるライトの作品を地図にまとめてみました。

            徒歩ですべてを見るには2〜3時間かかりそうです。また、"ライト風"の建物も多く、探すのに少し苦労しました。

             

            オークパーク ライト建築

             

            オーク・パークにあるのは、ほとんどが1890〜1910年頃の作品です。

            中には「これがライトの作品か?」と思うような住宅もあり、ここから“有機的建築”が始まったのかと思うと、感慨深いものがありました。

            ライトファンなら一度は訪れたい場所ですね。

             

            アーネスト・M・ヘミングウェイの生家

             

            それから、ライトの設計ではありませんが、ホテルの近くにノーベル賞作家のアーネスト・M・ヘミングウェイの生家がありました。オークパークの出身だったのですね。

            近くにミュージアムもあり、ガイドツアーが行われているようです。

             

            この日はこの後、プレーリースタイルの代表作、ロビー邸を訪れました。

            次回にご紹介します。

             

            このエントリーをはてなブックマークに追加
            | 1/3PAGES | >>