ヨドコウ迎賓館
(旧山邑家住宅)

※現在保存修理工事のため閉館中
◆開館日
 毎 土・日・水曜日と祝日
◆開館時間
 10:00〜16:00
 (入館は〜15:30)
◆入館料
 大人・大学生は500円
 小・中・高校生は200円
◆所在地
 〒659-0096
 兵庫県芦屋市山手町3-10
◆お問い合わせ
 淀川製鋼所 PRグループ
 TEL:06-6245-9103
 ヨドコウ迎賓館
 TEL:0797-38-1720

建物概要

国指定重要文化財
設計:フランク・ロイド・ライト
実施設計・施工監理:遠藤新・南信
設計年:1918年
竣工年:1924年
構造:鉄筋コンクリート
敷地面積:約5,200
建物面積:約359.1
延べ床面積:約542.43

links

ライトツアー3日目 〜ユニティーテンプル〜

0

    次に向かったのはユニティーテンプル。

    1905年、第一期黄金時代のフランク・ロイド・ライトが設計した建物です。

     

    修理工事中で閉館していましたが、今回は元々交流のあった関係者の方に事前に連絡を取り、一旦ホテルにチェックインした後、ツアーとは別で特別に見学させていただきました。現在は、公開を再開されています。

     

    ユニティーテンプル Unity Temple

     

    現場打ちのコンクリート工法で、外部の壁や装飾はコンクリート造りです。

    一階部分には窓がなく、全体的には大変シンプルなデザインの外観です。

     

    そして、階段を上がってエントランスに到着。

    ここから入って左側が礼拝堂で、右側が集会場となっています。

     

    ユニティーテンプル Unity Temple

     

    礼拝堂の動線は少し変わっています。

    入口は部屋の両端に2カ所あり、通路からメインのフロアを見上げながら、奥に向かって進みます。

    この通路も天井が低く、視界が制限されていました。

    祭壇は、一番奥ではなく入口側にあります。

     

    ユニティーテンプル Unity Temple

     

    通路の奥から階段でメインのフロアに上がると、そこには外観からは想像できない、装飾性豊かで大変明るい空間が広がっています。(中央のスクリーンは、通常は収納されているそうです)

     

    ユニティーテンプル Unity Temple

     

    天井と窓からやわらかい自然光が入り、ライトらしいデザインの照明も下がっています。

     

    ユニティーテンプル Unity Temple

     

    写真の左側に手すりがあるのがお分かりになるでしょうか。

    これは出口になっていて、祭壇の左右に設けられています。

    最後に牧師と挨拶を交し、背中を見せることなく退出できるように、との配慮だそうです。

     

    ユニティーテンプル Unity Temple

     

    礼拝堂の反対側にある集会所です。

    中央に大きな暖炉のある吹き抜けの広い部屋になっています。

     

    ユニティーテンプル Unity Temple

     

    中央の部屋の左右は、ほぼ同じ構造になっていて、2階にはそれぞれ部屋があります。

     

    ユニティーテンプル Unity Temple

     

    2階にある子供用のプレイルームです。

     

    ユニティーテンプル Unity Temple

     

    集会場も天井から自然光が入り、大変開放感のある空間になっています。

     

    ユニティーテンプル Unity Temple

     

    初期の作品であるホーム&スタジオと、第一期黄金時代の終わり頃の作品であるユニティテンプル。

    二つのデザインの違いがよくおわかりいただけたのではないでしょうか。
     

    この日宿泊するホテルは、ここから徒歩で行ける距離でした。

    途中にあった、オークパーク内の公園の水飲み場もライトの設計のようです。
     

    Frank Lloyd Wright設計 水飲み場

     

     

    ここで余談ですが、旅先でのエピソードとして2日目のホテルでのアクシデントの話をひとつ。

    ちなみに、ライトとは全く関係ありません。


    夜中の2時半ごろにコーヒー[本当はビールかも(笑)]が飲みたくなり、ロビーに行こうとエレベータに乗りました。

    ドアが閉まり、なんとそのまま動かなくなりました。


    インターホンで助けを求めましたが当然相手は英語。

    私は「Help me、not speak English、Japanese」くらいしか話せません。


    何度かインターホンでやり取りしているうちに、女性のオペレーターから日本語で「係員が向かいましたのであと30分ほどお待ちください」と案内があり、言葉の通り30分ほどで扉が開いて助け出されました。

     

    意外とパニックにもならずに、何とかなるものだと後から思いました。
    何事もなく、ツアーの皆さんに迷惑をかけずに済んで良かったです。

     

    可愛いリス

     

    上の写真はオーク・パーク内で見かけたリスです。日本ではなかなか見かけることがないので、思わずシャッターを切ってしまいました。

    次の日もオーク・パークの作品を巡りましたので、その内容をお届けします。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント
    ※コメントは承認制とさせていただいておりますので、予めご了承ください。
    コメントする