ヨドコウ迎賓館
(旧山邑家住宅)

※現在保存修理工事のため閉館中
◆開館日
 毎 土・日・水曜日と祝日
◆開館時間
 10:00〜16:00
 (入館は〜15:30)
◆入館料
 大人・大学生は500円
 小・中・高校生は200円
◆所在地
 〒659-0096
 兵庫県芦屋市山手町3-10
◆お問い合わせ
 淀川製鋼所 PRグループ
 TEL:06-6245-9103
 ヨドコウ迎賓館
 TEL:0797-38-1720

建物概要

国指定重要文化財
設計:フランク・ロイド・ライト
実施設計・施工監理:遠藤新・南信
設計年:1918年
竣工年:1924年
構造:鉄筋コンクリート
敷地面積:約5,200
建物面積:約359.1
延べ床面積:約542.43

links

ライトツアー4日目 〜ミース建築(IIT、レイクショアドライブアパートメント)〜

0

    ロビー邸見学後は、近代建築家の三大巨匠の一人である、ルードヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエの建築があるイリノイ工科大学(Illinois Institute of Technology、以下IIT)に向かいました。

    ちなみにミースはIITの教授も務めていたようです。


    キャンパス内は出入が自由で大型バスも入っていきました。

    日本では考えられないのではないでしょうか?


    最初に、ミースの設計ではありませんが、McCormick Tribune Campus Centerという、日本で言うところの学生会館のような建物に寄って昼食をとりました。
    ここには講堂・書店・ミーティングルーム・カフェ・コンビニなどがありますが、この日は休日でしたので閑散としていました。

     

    17.JPG
     

    電車の高架の下にある平屋の建物が会館です。

    なんとトンネルと建物がくっついていました。

     

    この会館の中には、面白いオレンジ色の窓があります。

     

    18.JPG

     

    ガラスの間にハニカム状のものが挟まっていて、角度によって見え方が変わります。また、外から光が当たると光の輪がサッと広がり、最初は電飾かプロジェクターを使用しているのかと思いました。

     

    緑に包まれた広大なキャンパスを歩いて行くと、木立の間から大きな建物が見えてきます。

     

    19.JPG

     

     

    ミース設計のクラウン・ホールです。

    建築学科の施設として使用されています。

     

    まさに鉄とガラスの建物ですね。

    梁を外に出すことで内部を広くしているそうで、機能重視です。

     

    IITのキャンパス内にミース設計の建物はたくさんありますが、チャペルもありました。 小さくて、シンプルですね。

    ミースの作品としては珍しいレンガ造りです。

     

    21.JPG

     

    中もとてもシンプルです。

    装飾性豊かなライト建築とは対照的なデザインです。

     

    22.JPG

     

    IITを出て、空港に向かう途中でもう一件ミース建築を見学しました。

    ミシガン湖のほとりに建つレイクショアドライブアパートメントです。

     

    やはり鉄とガラスでできた高層ツインビルです。

     

    23.JPG

     

    24.JPG

     

    “アパートメント“ですので、出入口には屈強そうな警備の人がいました。

    65年以上前の竣工時では斬新な建物として、かなり話題になったそうです。

    変わった名称ですが、建物の前に「レイクショアドライブ」という道路がありますので、これが由来だとか。

     

     

    奥に見えるのがミシガン湖、手前がその「レイクショアドライブ」です。

    幹線道路の一つらしく、結構渋滞していました。

     

    ここからオヘア空港に行き、今回の目玉の一つである「落水荘」に向けてピッツバーグへ移動します。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント
    ※コメントは承認制とさせていただいておりますので、予めご了承ください。
    コメントする