ヨドコウ迎賓館
(旧山邑家住宅)

※現在保存修理工事のため閉館中
◆開館日
 毎 土・日・水曜日と祝日
◆開館時間
 10:00〜16:00
 (入館は〜15:30)
◆入館料
 大人・大学生は500円
 小・中・高校生は200円
◆所在地
 〒659-0096
 兵庫県芦屋市山手町3-10
◆お問い合わせ
 淀川製鋼所 PRグループ
 TEL:06-6245-9103
 ヨドコウ迎賓館
 TEL:0797-38-1720

建物概要

国指定重要文化財
設計:フランク・ロイド・ライト
実施設計・施工監理:遠藤新・南信
設計年:1918年
竣工年:1924年
構造:鉄筋コンクリート
敷地面積:約5,200
建物面積:約359.1
延べ床面積:約542.43

links

ライトツアー6日目 〜ライズリー邸〜

0

    いよいよ見学は最後の日になりました。

    この日はニューヨークで3カ所をまわります。

     

    出発の前に、ホテルがセントラルパークの近くでしたので、この日も早起きをして散歩に行きました。

    広大な公園のまわりに高層ビルが立ち並び、ドラマや映画のように外周をジョギングしている人を沢山見かけました。

    映画の撮影スポットをまわるウォーキングツアーもあるそうです。

     

    1.JPG
     

    マンハッタンからバスで1時間ほど移動して、ニューヨーク州プレザントビル(Pleasantville)の森の中に入っていくと住宅群があります。

    移動中は、こんな森の中に住宅群があるとは思わず、驚きました。

     

    約100エーカー(約4,047屐砲良瀉呂法▲薀ぅ箸箸修猟鏤劼燭舛寮澤廚靴織罅璽愁縫▲鵐好織ぅ襪僚斬陲あり、ライトはここで3件設計しています。

    その中の1件が、これから見学するライズリー邸です。

     

    バスを降りて歩いて向かうと、木立の中に建物の姿が見え隠れしてきます。

    まさしく周囲の環境に溶け込んでいました。

     

    2.jpg

     

    屋根からのびるカーポートが印象的です。

     

    3.jpg

     

    柱と屋根の接合部です。施工が大変そうですね。

     

    4.jpg

     

    この建物は1951年竣工で、今でもオーナーのライズリーさんが御夫婦で住んでいらっしゃいます。

     

    ライズリーさんは、直接ライトにこの家の設計を依頼されたそうです。

    ライトは大変親切で“傲慢で風変りな人”という一般的なイメージとは違っていたと仰っていました。

    予算が少なかったため、最初はダイニングとリビングに寝室一つというコンパクトな造りで設計され、後に子供部屋が増築されました。

     

    木と石を使った建物が地面につきささって行く様で、自然と建物の一体感を感じました。

     

    5.jpg

     

    リビングには広い窓が並び、風にそよぐ木立がよく見えます。

     

    6.jpg

     

    ダイニングテーブルは変わった形をしています。

    この建物は、天上、床、照明、家具などが三角形を基本にひし形や六角形を使ってデザインされ、色はチェロキーレッドで統一されていました。

     

    7.jpg

     

    洗面所の一つは、シンクのみならず周りのタイルまで六角形のデザインです。

     

    8.jpg

     

    ドアの掛け金はヨドコウ迎賓館とよく似ていました。
    全体的なデザインは異なるものの部分的に似ているところが結構あります。

     

     

    ライズリー邸の金具

     

    10.jpg

    迎賓館の金具
     

    ライズリーさんは、ヨドコウ迎賓館の竣工した年と同じ1924年生まれだそうですので、今年で93歳になられます。

    かくしゃくとされていて声にもハリがあり、とてもそんなご高齢とは思えませんでした。

     

    実際に生活をされているお宅を公開するのは大変だと思いますが、とても貴重な経験となり、生活があっての住宅ということを改めて実感しました。

    ヨドコウ迎賓館でも、生活感を感じていただけるような活用方法を検討していきたいと思います。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント
    ※コメントは承認制とさせていただいておりますので、予めご了承ください。
    コメントする