ヨドコウ迎賓館
(旧山邑家住宅)

※現在保存修理工事のため閉館中
◆開館日
 毎 土・日・水曜日と祝日
◆開館時間
 10:00〜16:00
 (入館は〜15:30)
◆入館料
 大人・大学生は500円
 小・中・高校生は200円
◆所在地
 〒659-0096
 兵庫県芦屋市山手町3-10
◆お問い合わせ
 淀川製鋼所 PRグループ
 TEL:06-6245-9103
 ヨドコウ迎賓館
 TEL:0797-38-1720

建物概要

国指定重要文化財
設計:フランク・ロイド・ライト
実施設計・施工監理:遠藤新・南信
設計年:1918年
竣工年:1924年
構造:鉄筋コンクリート
敷地面積:約5,200
建物面積:約359.1
延べ床面積:約542.43

links

大阪城の残念石

0

    皆さんは「残念石」をご存知でしょうか?

     

    豊臣秀吉の居城として建築された大阪城。

    大阪冬・夏の陣で落城した後、徳川幕府によって再建されました。

    その再建工事の際に、石垣に使用するため切り出された石のうち、何らかの理由で使われることのなかった石のことを「残念ながら城の石垣になれなかった石」ということで「残念石」と呼びます。

     

     

    残念石は西日本を中心として各地に点在していますが、その内の一つが当館のすぐ下の空き地にあります。

    上がその写真です。

     

    中央に歯型のような跡があるのが分かりますでしょうか?

    これは矢穴と呼ばれ、巨大な石を切断するために掘られたものです。

     

    当時は切断するための重機がありませんでしたので、職人が道具を駆使して石を必要な大きさに割っていました。

    分断したい箇所にこのような穴を掘り、そこに楔(くさび)を打ち込んで石を割ります。

     

    大阪城に限らず、城の石垣をよく見ると、たまに同じような跡がついた石があったりします。計画が途中で変更になった等、何らかの理由で、割られずに矢穴だけ残った石ということですね。

     

     

    当館の近くだけでなく、芦屋には同様の残念石が複数あります。

    上の写真は阪急芦屋川駅からルナホールへと向かう途中、松ノ内花壇の中にある残念石です。

    昔は六麓荘付近に石切丁場があったようで、そこから大阪へ運ぶ際に落ちたものだと考えられています。(落城を連想させることから、運搬時に落ちた石はそのままにされることが多かったそうです)

     

    芦屋にお越しの際には探してみるのも楽しいかもしれませんね。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント
    ※コメントは承認制とさせていただいておりますので、予めご了承ください。
    コメントする