ヨドコウ迎賓館
(旧山邑家住宅)

※現在保存修理工事のため閉館中
◆開館日
 毎 土・日・水曜日と祝日
◆開館時間
 10:00〜16:00
 (入館は〜15:30)
◆入館料
 大人・大学生は500円
 小・中・高校生は200円
◆所在地
 〒659-0096
 兵庫県芦屋市山手町3-10
◆お問い合わせ
 淀川製鋼所 PRグループ
 TEL:06-6245-9103
 ヨドコウ迎賓館
 TEL:0797-38-1720

建物概要

国指定重要文化財
設計:フランク・ロイド・ライト
実施設計・施工監理:遠藤新・南信
設計年:1918年
竣工年:1924年
構造:鉄筋コンクリート
敷地面積:約5,200
建物面積:約359.1
延べ床面積:約542.43

links

ライトツアー3日目

0

    オーク・パークにはライト初期の作品が多く残っています。

    次に向かったライト自邸&スタジオ(Home&Studio)は1889年、まだサリバンの事務所で働いていた22歳のライトが設計した建物です。

    一人目の妻であるキャサリンと6人の子どもと共に、約20年間をこの場所で過ごしました。

     

    こちらは自邸の入口です。

     

    16.JPG

     

    中に入り、エントランスの装飾です。

     

    17.JPG

     

    天井や天井付近にも細かい装飾が見られます。

     

    18.JPG

     

    迎賓館とよく似た照明もありました。

     

    19.JPG

     

    リビングルームは出窓のようになっており、作り付けのソファがあります。

     

    20.JPG

     

    ご夫妻の寝室。

    天井はアーチ状になっていて、壁画が描かれて独特の雰囲気です。

     

    21.JPG

     

    ペンダントライトはライトのデザインです。

    画は別のデザイナーによるもので、アメリカ先住民がモチーフになっているそうです。

     

    22.JPG

     

    天井がアーチ状の狭い廊下の先に、この家の“宝石”とも称される子供のプレイルームがあります。

     

    DSC02456.JPG

     

    そのまま抜けて、子供用プレイルームです。

    部屋の奥にある暖炉の上に描かれている壁画は、子どもの好きなアラビアンナイトのシーンだとか。

     

    24.JPG

     

    部屋の上にはステージがあり、子供たちが演奏などをしていたそうです。

    ステージの左下にあるのはピアノです。小さく見えますが、実は後ろの弦の部分が部屋の裏にある階段に突き出ています。すごい発想ですね。突き出たピアノには「Please watch your head.(頭上注意)」と書かれた札がかかっていました。

     

    25.JPG

     

    天窓には美しい装飾が施されています。入口の天井もそうでしたが、この家には植物をモチーフにしたようなデザインが多くあります。このあたりは、ライトの師であるサリヴァンの影響なのかもしれません。

     

    26.JPG

     

    この部屋にも大きな出窓があり、天窓とともに部屋を明るくしています

     

    27.JPG

     

    自邸の続きのスタジオです。

     

    DSC02424.JPG

     

    入口の前には、コウノトリの彫刻を施した柱があります。

    コウノトリは、繁栄や知恵などの象徴になっているそうです。

     

    29.JPG

     

    柱の上の庇部分に男性の像もあります。

    これは、これから立ち上がる様を表現しているそうです。

     

    30.JPG

     

    入口を入るとレセプションルームがあり、天井の美しいステンドグラスが迎えてくれます。

     

    31.JPG

     

    スタジオ内のDrafting room(設計室)です。

    ここで、ロビーハウスを始め100件以上の設計が行われました。

     

    32.JPG

     

    中央の通路を挟んで左右に製図用のテーブルが並んでいます。

     

    33.JPG

     

    天井はドーム型になっており、チェーンが縦横に張られています。

    このチェーンはバルコニーや壁を吊っていて、天井のデザインをすっきり見せるためにこのような構造にしたそうです。

     

    34.JPG

     

    ライトの自室です。

    奥に見える窓ガラスは、縁どられたような模様の中に外の景色が入って額縁のように見えました。

     

    35.JPG

     

    天井には、やはり美しいステンドグラスが入り、この色合いもあってか部屋が明るく感じます。

     

    36.JPG

     

    今までのライトのイメージとはかなり異なるデザインの建物でしたが、ライトの初期の建築に触れることができて、大変興味深く貴重な見学となりました。
    また、ガイドさんがライトの逸話を交えながらユーモアあふれる解説をしてくださって、大変楽しい時間を過ごすことができました。
     

    次回はオーク・パークにあるユニティテンプルをご紹介します。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ライトツアー3日目

    0

      6月に参加した「F.L.ライトツアー」レポートの続編です。

      3日目は3つの記事に分けて掲載します。

       

      この日はウィスコンシン州からイリノイ州にかけてフリーウェイを通り大型バスで移動です。(さすがはアメリカです、シートは広くWI-FI対応でした)

       

      1.JPG
            
      まずは、ミルウォーキーにある1915年から1917年にかけて建てられた、「The American System-Built Homes(通称ASBH)」と言われる住宅6棟を見学しました。

       

      これらの住宅は工場で部材を造り現地で組み立てるプレハブ型の住宅です。

      手頃な価格で住みやすい住宅をこの周辺に大量に建てる計画だったそうで、ライトはこのプロジェクトにかなり力を入れ、900を超える図面やスケッチを描いたと言われています。

      しかし、1917年に始まった戦争による資材不足のために、このプロジェクトはあえなく終了してしまいました。
       

      3.JPG

       

      下の写真は「リチャーズ2戸型アパート」です。

      4棟の内1棟は改修済で、2棟の内部を見学しました。

      シンプルで同じデザインの住宅が並んでいますが、なんとなく当館とも似ているような気がしませんか?当館の設計は1918年ですので、時期的に近いせいかもしれません。

       

      4.JPG


      下の「リチャーズ小住宅」は平屋で陸屋根の小規模なプレハブ住宅です。

      軒樋がなく、煙突に沿って雨水を落とす縦樋があります。

      内部の壁は下が濃い色で上に行くほど薄くなっているのですが、これは部屋を少しでも広く感じさせるための工夫だそうです。

       

       

      次はカビキラーでお馴染みの、ラシーンにあるジョンソン・ワックス社の本社です。
      大変ユニークなデザインで有名ですが、残念ながら室内は撮影禁止でした。

       

      6.JPG


      奥に見えるタワーは研究棟です。

      窓は板ガラスでなく直径の異なる管状のガラスを重ねて作られています。

      大変明るいのですがやはり暑かったようで、つなぎ目のコーキングからは雨漏りがしたようです。

      中央にらせん状の階段があり、その周りが部屋になっているという変わった構造になっています。

       

      7.JPG
       

      研究棟から事務所棟に向かう通路には、事務所棟の写真でよく見るハスやキノコに形容される柱の縮小版が並んでいます。

      突き当りが事務所棟の入り口です。

       

       

      外から室内を撮った写真です。

      有名な事務所棟の柱は、上にいくほど太くなり最上部では大きく広がっています。縮小版である、上の写真にある通路の柱からイメージしてみてください。

      事務所棟の中央部は吹き抜けで開放感があり、天井には管状のガラスが使用されています。柱をハスに例えると、葉のすき間から自然の光が柔らかく射し込まれているようで、写真で見る以上に明るい空間になっていました。

       

      9.JPG


      ライトは家具もデザインしましたが、ここで面白い椅子を作っていました。
      それは三脚になっていて、正しい姿勢で座らないと転倒してしまう椅子です。

       

      さすがに苦情が出て、四脚の椅子を作りました。
      写真が四脚の椅子ですが、前の足が一つになるわけですので、それでは仕事に集中できませんよね(笑)
       

       

       

      ジョンソンワックス社を後にして、再度バスに乗り込みます。

      この日は朝ホテルでランチボックスが配られていて、この後1時間半かかる移動時間を利用してバスの中で食事を済ませました。


      そのランチボックスを開けてびっくり!
      巨大なサンドイッチと小ぶりのリンゴ丸々一個に少量のサラダというメニューでした。
       

      11.JPG

       

      30cm以上あろうかというパンに、レタスとトマトが薄く敷かれ、その上にハムが6〜7層重なり、最後にスライスしたチーズが挟んでありました。

      ややげんなりしながらも、マヨネーズとマスタードを塗って食べてみると、これが結構美味しいんです。
      パンもハムもしっとりとしていて、塩気がやや強めでしたが日本で食べるサンドイッチより美味しいくらいでした。

      たださすがに量が多く、人によっては半分に切って2食分にしたそうです。

       

      サンドイッチと悪戦苦闘している間に、イリノイ州に到着。

       

      まずはサリバンの事務所から独立して最初に設計した、リバーフォレストにあるウィンズロー邸を見学しました。

      残念ながら中に入ることは出来なかったので、外観だけの見学です。

       

      庇が迫り出し、寄棟屋根で左右対称なデザイン。

      よく見ると玄関左右の窓枠や扉には装飾がされています。
      まだ草原住宅(プレイリーハウス)のイメージは、あまりありません。    

       

      13.JPG

       

      14.JPG

       

      この周辺は高級住宅街のようで、広い土地に豪邸が建ち並んでいました。
      住宅街の入口にある門もライトのデザインだそうです。
       

      15.JPG

       

      次はライトが家族と過ごしたHome&Studioです。

      室内の写真も沢山撮影してきましたので、どうぞお楽しみに。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

      保存修理工事見学会開催のお知らせ

      0

        当館はただ今、2016年10月より防水や設備の充実のための保存修理工事を約二年間の計画で行っております。

        そのため現在は完全に閉館させていただいておりますが、この度「保存修理工事見学会」を開催することになりました。

         

         

        保存修理工事見学会

         

        【開催日】2017年11月3日(金・祝)、4日(土)

         

        【時 間】午前の部:10:00〜11:30

             午後の部:13:30〜15:00

         

        【定 員】4回開催、各回20名

         

        【料 金】無料

         

        【申込み】メールおよびFAX※
         

        ※大変恐れ入りますが、今回の見学会は申込み制とさせていただきます。

        応募者多数の場合は、ご応募いただいた中から各回20名様を抽選させていただきますので、予めご了承願います。

         

        申込みは下記の必要事項を記載の上、メールかFAXでご応募ください。

         

        <必要事項>

        仝学希望日および時間(例:3日午前の部)

        代表者のお名前

        ご住所

        づ渡暖峭

        デ齢

        参加人数(代表者様含む)

        FAX番号(FAXで応募される方のみ)

         

        <応募先>

        メールの場合:kouhouka@yodoko.co.jp

        FAXの場合:06-6282-9176

         

        <応募締め切り>

        10月19日(木) 17:00まで。

        当選者様には10月25日(水)までに、申込みをされたアドレスにメール、もしくはFAXにてご案内いたします。

         

        【見学内容および注意事項】

        館内から工事の状況を見学いただきます(工事足場からの見学はありません)
        3階和室および4階バルコニーは限られたエリアでの見学となります。
        見学会の当日は工事を行いませんので、作業そのものは見学できません。
        当館に昇降設備はありませんので、階段での昇降となります。
        見学者用の駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

         

         

        ご不明点等ございましたら、衢篝鄒醜歃 IR室PRグループまでお問い合わせください。

        電 話:06-6245-9103

        FAX:06-6282-9176

        メール:kouhouka@yodoko.co.jp

         

        このエントリーをはてなブックマークに追加
        | 1/25PAGES | >>