ヨドコウ迎賓館
(旧山邑家住宅)

※現在保存修理工事のため閉館中
◆開館日
 毎 土・日・水曜日と祝日
◆開館時間
 10:00〜16:00
 (入館は〜15:30)
◆入館料
 大人・大学生は500円
 小・中・高校生は200円
◆所在地
 〒659-0096
 兵庫県芦屋市山手町3-10
◆お問い合わせ
 淀川製鋼所 PRグループ
 TEL:06-6245-9103
 ヨドコウ迎賓館
 TEL:0797-38-1720

建物概要

国指定重要文化財
設計:フランク・ロイド・ライト
実施設計・施工監理:遠藤新・南信
設計年:1918年
竣工年:1924年
構造:鉄筋コンクリート
敷地面積:約5,200
建物面積:約359.1
延べ床面積:約542.43

links

工事だより vol.5

0

    今回は、飾り石の補修についてご紹介します。


    当館では様々な装飾が施されていますが、外観では庇(ひさし)の上に並ぶ飾り石がこの建物のアクセントとなっています。

    どことなくマヤ文明の遺跡のような雰囲気もありますね。

     


    館内に目を向けると、天井周りに小さな窓がいたるところに配置されているのも当館の特徴の一つです。

    小窓の数は全部でなんと170個あります。

     

    KAW_4273.jpg


    しかし、これだけの数がある小窓にもかかわらず、外から見るとほとんど分かりません。
    実は飾り石の少し奥まったところに小窓が設置されているため、一見気付きにくくなっているのです。


    下の写真は食堂の外側にある飾り石ですが、間に小窓が見えているのが分かりますでしょうか?

     

     

    ご来館の際に飾り石をじっくりご覧になる事はあまりないと思いますが、実はこの飾り石には2つの種類があります。

    ここでは、上の写真にある真ん中の軸が突き出たようなデザインのものを儀拭△發Π譴弔離妊競ぅ鵑鬮況燭箸靴討款匆陲靴泙后

     

    図面をご用意しましたので、どうぞご覧ください。

     

    儀 (クリックで拡大)

     

    況 (図面はクリックで拡大)

    ヨドコウ迎賓館 (40).jpg

     

    どちらもシンプルな形が組み合わさって、複雑なデザインとなっています。

    特に儀燭廊況燭茲蠅皀妊競ぅ鵑複雑で、しかも上部の突き出ている部分が斜めの壁(下図のオレンジ線部分)にかかっています。

     

    儀臣婆命


    況燭蝋事現場で型枠を組んで施工しますが、儀燭侶曽は現場施工では難しく、事前に加工場でそれぞれの部材を作って現場で組み立てる、いわゆるプレキャスト工法で施工します。

     

    また、この2種類の飾り石はどちらも大谷石の砕石、砂、セメントを混ぜて作られています。

    しかし、大谷石は水分を含みやすいこともあり、経年によって剥落・剥離している箇所が多く見受けられます。

     

    そこで今回の工事では、耐久性を高めるために材料や配合比率を見直すことになりました。
    表面の風合いも重要なポイントになりますが、これがなかなか調整が難しく、例えば混ぜる砂ひとつとっても、産地や表面の仕上げ方によって、風合いが変わってしまいます

    そのため、材料・配合比率・仕上げ方をそれぞれ変えたサンプルを相当数作りました。

     

    DSC_0415.JPG

     

    その上で、サンプルを水に浸したあと50℃から-20℃の温冷を繰り返したり、サンプルに荷重を加えたりするなどの試験を行い、最適な材料と配合比率を検討しています。

     

    圧縮強度試験

     

    特にI型は、次の修理の参考にするために、今回はあえて実験的な補修にとどめて経年変化を観察する予定です。
    全ての飾り石をきれいに修理できるのは、まだしばらく先になりそうですね。

     

    3階の主寝室や4階のバルコニーなどからこの飾り石を見ることができます。

     


    フランク・ロイド・ライトのデザインを守るため、専門家や行政関係の方々には本当にさまざまな面でご協力をいただきながら工事を進めていますが、文化財の補修の大変さを改めて実感しています。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    フランク・ロイド・ライトツアー vol.2

    0

      ライト建築ツアーの見学が終了しました。

      最終日の朝は早めに起きて、まずホテルから10分程度のところにあるセントラル・パークを散歩してきました。

       

      セントラル・パーク

       

      写真はセントラル・パークからの景色です。

      ニューヨークは地盤が固く、高層ビルの建築に適しているそうで、密集する高層ビル群は壮観です。

       

      そして、ニューヨーク市街から約1時間移動した森の中に建つ、ライズリー邸です。

       

      ライズリー邸

       

      ライトの後期に多く建てられた「ユーソニアンハウス」といわれる、手ごろな価格でコンパクトに作られながらも、デザイン性・機能性に優れた住宅です。

       

      オーナーのライズリー様から直接説明していただくことができ、とても有意義で楽しい時間でした。ライズリー様は、当館にも2000年頃にご見学に来られたことがあるそうです。

       

      そしてニューヨーク市街に戻り、グッゲンハイム美術館。

       

      グッゲンハイム美術館

       

      三方を四角いビルに囲まれた中でらせん状のデザインが一段と目を引き、建物の中はとても開放的でした。

      展示する美術品以上に美術館が目立ってしまう、といわれる建物です。

       

      以上で、ライト建築の見学は終了です。

      最後に、グッゲンハイム美術館からほど近いニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催されている、ライトの生誕150年を記念した展示を見学してきました。

       

      ニューヨーク近代美術館

       

      ニューヨーク近代美術館 ライト生誕150周年展

       

      会場内には、数多くの図面やスケッチ・模型などが展示されていました。

      ライトが日本に遺した帝国ホテルや自由学園明日館の図面などの展示もあり、改めて、ライトの手による当館の図面が今に残っていないことを残念に思いました。

       

      そして、近くのブロードウェイにも足を伸ばしてみました。

       

      ブロードウェイ

       

      今回のツアーは大変盛りだくさんでしたので、帰国してから資料や頭の中を十分整理する必要がありそうです。

      文化財の保存や活用についても参考になりましたので、今後に生かしていきたいと思います。

       

      このブログでは、引き続き修理工事の進捗状況やライトにまつわる情報などをお知らせしますので、またアクセスしてみてください。ツアーについても改めてご紹介します。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

      フランク・ロイド・ライトツアー

      0

        こんにちは、館長の岩井です。
        ライト建築を巡るツアーに参加することになり、今アメリカにいます。

         

        002.jpg


        建物の見学は実質5日間で、残すところあと1日になってしまいましたが、今まで訪問したところを簡単にご紹介します。


        先ずはタリアセン・イーストです。

         

        タリアセン・イースト

         

        タリアセン・イースト

         

        タリアセン・イースト

         

        「タリアセン」は、ウィスコンシン州スプリンググリーンにあるライトの自邸の名称ですが、ウェールズ語で“輝く眉“を意味するそうです。
        丘の頂ではなく、少し下がった位置に建てられています。

         


        次は「ユニタリアン・ミーティング・ハウス」です。
        この外観は、祈る人の合掌している手を表しているそうです。

         

        ユニタリアン・ミーティング・ハウス

        「アメリカン・システム・アパートメント」です。
        ライトはプレハブ住宅も設計しており、ミルウォーキーの住宅街の一画に6棟並んでいます。

         

        アメリカン・システム・アパートメント

         

        アメリカン・システム・アパートメント

         

        ちなみに道中、バスから撮影した住宅です。

        テレビドラマで見たような景色でした。

         

        アメリカン・システム・アパートメント


        「ジョンソン・ワックス・ビル」です。
        研究棟は管の形をしたガラスとレンガでできています。
        事務所棟はキノコのような形の柱が有名ですが、残念ながら撮影禁止でした。
        写真で見たよりかなり明るく解放感のある空間でした。

         

        ジョンソン・ワックス・ビル

        この後オークパークに移動して、ライトの初期の作品を外観だけですが見学しました。
        写真はライトがサリバンの事務所から独立して世に出るきっかけとなった「ウィンズロー邸」です。

         

        ウィンズロー邸


        途中「ユニティ・テンプル」の外観をバスから見学。
        修理のため公開はされていませんでしたが、ほぼ工事は終了して、もうすぐ再公開されるそうです。

         

        ユニティ・テンプル


        そして「ライトの自邸(Home & Studio)」です。

         

        フランク・ロイド・ライト自邸(Home&Studio)


        次が、プレイリーハウス(草原住宅)の代表作と言われる「ロビー邸」です。

         

        ロビー邸


        ピッツバーグに移動して、いよいよライトの最高傑作「カウフマン邸(Falling Water)」です。

         

        カウフマン邸 落水荘


        次回は、最終日の訪問先をご紹介します。

        詳しい内容は、後日改めてご紹介出来れば、と考えています。
        それでは、お楽しみに。

         

        このエントリーをはてなブックマークに追加
        | 1/23PAGES | >>