ヨドコウ迎賓館
(旧山邑家住宅)

※現在保存修理工事のため閉館中
◆開館日
 毎 土・日・水曜日と祝日
◆開館時間
 10:00〜16:00
 (入館は〜15:30)
◆入館料
 大人・大学生は500円
 小・中・高校生は200円
◆所在地
 〒659-0096
 兵庫県芦屋市山手町3-10
◆お問い合わせ
 淀川製鋼所 PRグループ
 TEL:06-6245-9103
 ヨドコウ迎賓館
 TEL:0797-38-1720

建物概要

国指定重要文化財
設計:フランク・ロイド・ライト
実施設計・施工監理:遠藤新・南信
設計年:1918年
竣工年:1924年
構造:鉄筋コンクリート
敷地面積:約5,200
建物面積:約359.1
延べ床面積:約542.43

links

保存修理工事見学会のご報告

0

    11月3日(金・祝)4日(土)に、ヨドコウ迎賓館保存修理工事見学会を開催しました。

     

    2日間とも天気に恵まれ、すっきりとした秋晴れでした。

    芦屋川沿いや当館の敷地内にも赤くなり始めた木々が見受けられ、ちょうど紅葉の見頃を迎えています。

     

    IMG_3790.JPG

     

    当日は10時から、13時半から、の2回の見学会を実施し、各回約20名の方にご参加いただきました。

     

    IMG_3833.JPG

     

    10名ずつ2班に分かれて、2階応接室と4階食堂から説明を開始。

    当館の来歴・全体的な特徴や今回の工事の概要について説明した後、館内を移動し各ポイントでそれぞれの特徴や工事の状況を説明しました。

     

    IMG_3884.JPG

     

    3階の和室では、畳や床板を外した状態をご覧いただきました。床下を見ていただく機会はなかなかありません。
    また東側のバルコニーには、床に使用されている装飾を施した大谷石の敷石を展示しました。

     

    IMG_3804.JPG

     

    3階子ども部屋には、当館の建設当初の模型と今回の工事の概要を説明したパネルを展示しました。

     

     

    4階南側バルコニーです。

    最表層の保護モルタルとその下の防水層をはがした状態で、コンクリートが露出しています。

     

    工事開始前にはここから芦屋市街の景色をご覧いただけたのですが、現在は足場や素屋根のテントで覆われています。

    以前にこちらのブログでもご紹介したように、この足場・素屋根には工夫が施されていて、外側からだとテントに隠れて見えませんが、内側からだと分かりやすいかと思います。

     

    IMG_3854.JPG

     

    今回の見学会では通常は公開していない場所もご覧いただきました。

    上の写真はどこか分かりますでしょうか?

     

    答えは4階食堂横の厨房奥の扉です。今回特別に中に入っていただきました。

    この扉は使用人室や洗濯室・使用人用のトイレに繋がっていて、勝手口に降りる階段もあります。

    使用人が主人やゲストと顔を合わせずに仕事ができるよう動線が分かれているのです。

     

    普段は公開していない場所をもう一つ。

     

    IMG_3813.JPG

     

    4階食堂東側バルコニーです。

    通常公開しているのは先程もお見せした南側バルコニーです。

     

    ここには大谷石で出来た階段があったのですが、工事のため解体して、現在はコンクリートのスロープになっています。(写真の右側は工事用の仮設階段)

    上の写真のスロープの上にあるのが、階段に使われていた大谷石です。三角柱の形をしています。

     

     

    このスロープにアスファルト防水を施し、その上に三角形の大谷石を下から順番にモルタルで固定していきます。

    主に意匠やコストの問題でこのような形状にしたと考えられています。

     

    IMG_3869.JPG

     

    2階の応接室では、質の異なる数種類の大谷石や、補修のために配合を見直している飾り石の材料である山砂や砕石、サンプルとして製作した飾り石用の部材、工事の写真等を展示しました。

    飾り石のサンプルについてはこちらのブログでもご紹介しています。

     

    山砂や砕石のサンプル

     

    約60分解説をしながら館内をまわり、その後30分ほど自由に館内をご見学いただき、90分の見学会は終了です。

     

    参加者の方々は皆さまとても熱心にご見学され、建築関係の方が多かったせいか、専門的な質問もたくさんいただきました。

    当日いただいていない質問等がございましたら、お気軽にコメントにてお問い合わせいただければ回答させていただきます。
     

     

    今回は、初めての工事見学会ということもあってか予想以上のご応募をいただき、各回とも抽選となってしまいました。

    今後もこのような見学会を開催する予定ですので、今回はご参加いただけなかった方も是非またご応募ください。

    予定が決まりましたらホームページ、ブログ、Facebook等でお知らせいたします。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ライトツアー4日目

    0

      オーク・パークは、ライトの建築が最も多く集まっている場所です。

      公園の水飲み場を含めると初期の作品が27件あります。

       

      この日はオーク・パーク内のホテルに宿泊していましたので、せっかくの機会と地図を片手に朝6時前から散策してみました。

      一帯は閑静な住宅街で、緑に囲まれた素晴らしい環境でした。

       

      時間がなくて一部しか見学できませんでしたが、写真をご覧ください。
       

      ロバート・P・パーカー邸

      ロバート・P・パーカー邸(1892年)​

       

      トーマス・H・ゲイル邸

      トーマス・H・ゲイル邸(1892年)

       

      同時期に建てられたこの二つの家は外観がとてもよく似ており、八角形の構造が特徴的です。

      間に一軒挟んでいますが、夜だったら間違えてしまいそうです。

       

      ウォルター・H・ゲイル邸

      ウォルター・H・ゲイル邸(1893年)

       

      こちらも初期のライトの作品で、急勾配の屋根と円柱のホールが特徴です。

       

      ネイサン・G・ムーア邸

      ネイサン・G・ムーア邸(1895年)

       

      一度火事で再建されたそうですが、鋭い屋根の角度と迫り出したバルコニーが印象的でした。
      正面からは見られませんでしたが、やはり左右対称の造りに見えます。 
       

      フランク・W・トーマス邸

      フランク・W・トーマス邸(1901年)

       

      アーチ型の玄関、せり出した庇が特徴で、遠目で見ても窓ガラスの装飾の細かさに驚きます。

      この頃にはプレーリースタイルらしさが出てきています。

       

      アーサー・B・ヒュートレイ邸

      アーサー・B・ヒュートレイ邸(1902年)

       

      煉瓦の壁、アーチ型の玄関、庇付近までの連続窓が特徴的でした。

       

      エドワード・R・ヒルズ邸

      エドワード・R・ヒルズ邸(1906年)

       

      ピーター・A・ピーチ邸

      ピーター・A・ピーチ邸(1906年)

       

      ウィリアム・H・コープランド邸

      ウィリアム・H・コープランド邸(1909年)

       

      コープランド邸は、1870年代に建てられた家を1909年にライトが外観の一部と内装をリフォームしたものだそうです。

       

      今回巡った作品以外も含めて、オーク・パークにあるライトの作品を地図にまとめてみました。

      徒歩ですべてを見るには2〜3時間かかりそうです。また、"ライト風"の建物も多く、探すのに少し苦労しました。

       

      オークパーク ライト建築

       

      オーク・パークにあるのは、ほとんどが1890〜1910年頃の作品です。

      中には「これがライトの作品か?」と思うような住宅もあり、ここから“有機的建築”が始まったのかと思うと、感慨深いものがありました。

      ライトファンなら一度は訪れたい場所ですね。

       

      アーネスト・M・ヘミングウェイの生家

       

      それから、ライトの設計ではありませんが、ホテルの近くにノーベル賞作家のアーネスト・M・ヘミングウェイの生家がありました。オークパークの出身だったのですね。

      近くにミュージアムもあり、ガイドツアーが行われているようです。

       

      この日はこの後、プレーリースタイルの代表作、ロビー邸を訪れました。

      次回にご紹介します。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

      ライトツアー3日目

      0

        次に向かったのはユニティーテンプル。

        1905年、第一期黄金時代のライトが設計した建物です。

         

        修理工事中で閉館していましたが、今回は元々交流のあった関係者の方に事前に連絡を取り、一旦ホテルにチェックインした後、ツアーとは別で特別に見学させていただきました。現在は、公開を再開されています。

         

        ユニティーテンプル Unity Temple

         

        現場打ちのコンクリート工法で、外部の壁や装飾はコンクリート造りです。

        一階部分には窓がなく、全体的には大変シンプルなデザインの外観です。

         

        そして、階段を上がってエントランスに到着。

        ここから入って左側が礼拝堂で、右側が集会場となっています。

         

        ユニティーテンプル Unity Temple

         

        礼拝堂の動線は少し変わっています。

        入口は部屋の両端に2カ所あり、通路からメインのフロアを見上げながら、奥に向かって進みます。

        この通路も天井が低く、視界が制限されていました。

        祭壇は、一番奥ではなく入口側にあります。

         

        ユニティーテンプル Unity Temple

         

        通路の奥から階段でメインのフロアに上がると、そこには外観からは想像できない、装飾性豊かで大変明るい空間が広がっています。(中央のスクリーンは、通常は収納されているそうです)

         

        ユニティーテンプル Unity Temple

         

        天井と窓からやわらかい自然光が入り、ライトらしいデザインの照明も下がっています。

         

        ユニティーテンプル Unity Temple

         

        写真の左側に手すりがあるのがお分かりになるでしょうか。

        これは出口になっていて、祭壇の左右に設けられています。

        最後に牧師と挨拶を交し、背中を見せることなく退出できるように、との配慮だそうです。

         

        ユニティーテンプル Unity Temple

         

        礼拝堂の反対側にある集会所です。

        中央に大きな暖炉のある吹き抜けの広い部屋になっています。

         

        ユニティーテンプル Unity Temple

         

        中央の部屋の左右は、ほぼ同じ構造になっていて、2階にはそれぞれ部屋があります。

         

        ユニティーテンプル Unity Temple

         

        2階にある子供用のプレイルームです。

         

        ユニティーテンプル Unity Temple

         

        集会場も天井から自然光が入り、大変開放感のある空間になっています。

         

        ユニティーテンプル Unity Temple

         

        初期の作品であるホーム&スタジオと、第一期黄金時代の終わり頃の作品であるユニティテンプル。

        二つのデザインの違いがよくおわかりいただけたのではないでしょうか。
         

        この日宿泊するホテルは、ここから徒歩で行ける距離でした。

        途中にあった、オークパーク内の公園の水飲み場もライトの設計のようです。
         

        Frank Lloyd Wright設計 水飲み場

         

         

        ここで余談ですが、旅先でのエピソードとして2日目のホテルでのアクシデントの話をひとつ。

        ちなみに、ライトとは全く関係ありません。


        夜中の2時半ごろにコーヒー(本当はビールかも)が飲みたくなり、ロビーに行こうとエレベータに乗りました。

        ドアが閉まり、なんとそのまま動かなくなりました。


        インターホンで助けを求めましたが当然相手は英語。

        私は「Help me、not speak English、Japanese」くらいしか話せません。


        何度かインターホンでやり取りしているうちに、女性のオペレーターから日本語で「係員が向かいましたのであと30分ほどお待ちください」と案内があり、言葉の通り30分ほどで扉が開いて助け出されました。

         

        意外とパニックにもならずに、何とかなるものだと後から思いました。
        何事もなく、ツアーの皆さんに迷惑をかけずに済んで良かったです。

         

        可愛いリス

         

        上の写真はオーク・パーク内で見かけたリスです。日本ではなかなか見かけることがないので、思わずシャッターを切ってしまいました。

        次の日もオーク・パークの作品を巡りましたので、その内容をお届けします。

         

        このエントリーをはてなブックマークに追加
        << | 2/27PAGES | >>