ヨドコウ迎賓館
(旧山邑家住宅)

※現在保存修理工事のため閉館中
◆開館日
 毎 土・日・水曜日と祝日
◆開館時間
 10:00〜16:00
 (入館は〜15:30)
◆入館料
 大人・大学生は500円
 小・中・高校生は200円
◆所在地
 〒659-0096
 兵庫県芦屋市山手町3-10
◆お問い合わせ
 淀川製鋼所 PRグループ
 TEL:06-6245-9103
 ヨドコウ迎賓館
 TEL:0797-38-1720

建物概要

国指定重要文化財
設計:フランク・ロイド・ライト
実施設計・施工監理:遠藤新・南信
設計年:1918年
竣工年:1924年
構造:鉄筋コンクリート
敷地面積:約5,200
建物面積:約359.1
延べ床面積:約542.43

links

ライトツアー6日目〜まとめ〜

0

    ツアー最後の夜は、遠藤さんやツアーの方々とレストランで食事をしました。

    驚くことに、これで前菜です。(毎日食べたら確実に太ります)

    味については「アメリカの食事は期待しない方が良い」という話をよく聞きましたが、結構美味しい料理も多く、今回はほとんど問題ありませんでした。

     

    23.jpg

     

    食事を終えた後はブロードウェイ周辺を散策してきました。

     

    大変な人出で、写真を撮りながら歩いていると、近くにいた女性が突然前に立ってポーズを取ってくれました。フレンドリーなアメリカらしいと喜んでいたら、添乗員の方に「コンビのスリもいるから気を付けて!」と言われました。なるほど、一人が気を引くわけですね…!

     

    それはさておき、ブロードウェイのシアターには多くの人が並び、タイムズスクエア周辺はきらびやかな光に包まれ活気にあふれていました。

     

    24.jpg

     

    ブロードウェイ散策中に遠藤さんが購入されたお土産が3個入りだったので、1個いただいて孫にあげたら喜んでいました。

    ハンドスピナーです。真ん中を支えてぐるぐる回すだけというシンプルなおもちゃですが、2016年末頃からアメリカで流行り始めたそうです。

     

    25.jpg

     

    翌日は、ニューヨーク→シカゴ→成田→伊丹という長いフライトで帰国し、今回の充実したツアーは無事終了です。

     

    シカゴのオヘア空港では、シカゴ創業のギャレットポップコーンの店を探して、キャラメル味とチーズ味のミックスをゲットしました。日本には5店しかないようで、大阪はエキスポシティーにあります。

     

     

    最後に、ツアーの総括を。

     

    初めてのアメリカでハプニングもあり、結構忙しい8日間でしたが、本当に有意義で楽しい旅行でした。

    そして今回のツアーでは「有機的建築」が少しわかったような気がします。

    特にライト建築は、周辺環境を含めて見ることが大切だと実感しました。

    背景を含めた外観はもちろん、室内から見る外の景色や室内に使用されている素材が醸し出す雰囲気など、写真ではわからないことがたくさんあり、今まで持っていたイメージが大分変りました。

    また、ヨドコウ迎賓館との共通点もたくさん見つかりました。

    今後もライトについてさらに勉強して、リニューアル後は当館での説明にも生かしていきたいと思います。

     

    ツアー中にご教示いただいた遠藤現さん、お世話になったトラベルプランの酒井さんやツアーでご一緒させていただいた皆様に感謝すると共に、訪問先の皆様にもお礼を申し上げます。

    また、このブログをご覧いただいた方に少しでもご参考になれば幸いです。

     

    このツアーは毎年開催されていて、今年も6月に行われる予定です。

    ご興味のある方は、是非参加されてみてはいかがでしょうか?

    http://www.xknowledge.co.jp/kenchi/event/2018/02/-fl.html

     

    -------------------------------

    今回のツアーを改めて写真と一緒にご紹介します。

     

    1日目 ツアーの概要とマディソン

    http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=76

     

    2日目 タリアセン、ユニタリアン教会

    http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=77

    IMG_0218_済.JPG

     

    3日目 ASBH、ジョンソンワックス社、ウィンズロー邸

    http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=81

    6.JPG

     

    3日目◆.曄璽燹スタジオ(ライト自邸)

    http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=82

    DSC02424.JPG

     

    3日目 ユニティーテンプル

    http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=83

    37.JPG

     

    4日目 .ーク・パークのライト建築

    http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=86

    IMG_0657.jpg

     

    4日目◆.蹈咫偲

    http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=87

    4.JPG

     

    4日目 ミース建築(IIT、レイクショアドライブアパートメント)

    http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=88

     

    5日目 落水荘

    http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=84

     

    6日目 .薀ぅ坤蝓偲

    http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=90

    IMG_1015.jpg

     

    6日目◆.哀奪殴鵐魯ぅ猗術館、MoMAライト展

    http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=91

    IMG_1135.jpg

     

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ライトツアー6日目◆ グッゲンハイム美術館・MoMAライト展〜

    0

      ライズリー邸を見学後はマンハッタンに戻ってきました。

      ニューヨークで有名なライト建築といえば、お分かりですね。

      グッゲンハイム美術館です。

       

      11.jpg

       

      三方をビルに囲まれていることもあるかもしれませんが、外観は思っていたよりも小さく感じました。
      ただし、形がユニークですので目立ちます。まさしくかたつむりの貝殻のイメージですね。

       

      12.jpg

       

      建物の東側(写真右側)はセントラルパークです。

       

      13.jpg

       

      中に入ると中央が吹き抜けになっていて、天井から自然光が入り大変開放的な空間です。

       

      14.jpg

       

      天井です。

      ライトの設計には、このような大きな施設でも住宅でも、美しい天井を持つ建物が多くありますね。

       

      15.jpg

       

      最上階から1階の写真です。

       

       

      最初にエレベーターで6階まで上がって、螺旋状に降りながら作品を見ていきます。通路の奥にも展示スペースがあり、思っていた以上に多くの作品が展示されていました。

       

      6月のブログにも書きましたが、“展示する美術品以上に注目される”と言われる建物ですので、先ず建物を見ながら写真を撮り、それから絵を見始める、という人がほとんどでした。

       

      17.jpg

       

      階段がなく、ずっと緩やかな下りですので歩くのは比較的楽ですが、斜面に立って水平に展示してある作品を見るのは少し違和感がありました。

       

      昼食は3階のカフェでいただきました。

      ここには工事中の大きな写真パネルなどが展示してあります。

      ゆっくり見学してからミュージアムショップで買い物をして次の目的地に向かいました。

       

      最後の見学は、ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art、以下MoMA)です。

       

      18.jpg

       

      正面の入り口です。
      ここには目立つような看板などがなく、最初はどこがMoMAの建物なのかわかりませんでした。
      MoMAとわかるのは、入口の上にある看板だけです。

       

      19.jpg

       

      ここで開催している「ライト生誕150周年展(Frank Lloyd Wright at 150、Unpacking the Archive)」が目的です。

       

       

      展示場の案内図です。

      かなり広いスペースをテーマごとに12の部屋に仕切って、図面・模型・写真など、さまざまな資料が展示されていました。

      デザインの下絵や美しいパースなどは、建築家ではなくても十分楽しめます。

       

      21.jpg

       

      入場者は多く、皆さん熱心に見学されていました。


      帝国ホテルのコーナーもあり、図面や椅子・テラコッタなどの展示がありましたが、残念ながらヨドコウ迎賓館の資料はありませんでした。

       

      22.jpg

       

      図面や模型はもともとライト財団が所有していましたが、現在は、図面はコロンビア大学のエイヴリー建築・美術図書館(Avery Architectural & Fine Arts Library)が、模型はMoMAが管理しているそうです。今回の企画は、コロンビア大学とMoMAの共催で行われました。
      大変興味深い資料がたくさんありましたが、英語力の不足により内容を十分理解できなかったのが残念です。

       

      以上で5日間のフランク・ロイド・ライトの建築ツアーは終了です。

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

      保存修理工事見学会開催のお知らせ

      0

        昨年11月に開催した「保存修理工事見学会」を、2月に開催いたします。

         

        前回の見学会の様子はこちらをご確認ください。

         

         

        保存修理工事見学会

         

        【開催日】2018年2月22日(木)、23日(金)

         

        【時 間】午前の部:10:00〜11:30

             午後の部:13:30〜15:00

         

        【定 員】4回開催、各回20名

         

        【料 金】無料

         

        【申込み】メールおよびFAX※
         

        ※大変恐れ入りますが、見学会は申込み制とさせていただきます。

        応募者多数の場合は、ご応募いただいた中から各回20名様を抽選させていただきますので、予めご了承願います。

         

        申込みは下記の必要事項を記載の上、メールかFAXでご応募ください。

         

        <必要事項>

        仝学希望日および時間(例:22日午前の部)

         ※枠は第二希望まで申込み可

        代表者のお名前・ご住所・電話番号・年齢

        参加者のお名前・電話番号・年齢

        せ臆耽与(代表者様を含む4名様まで応募可)

        FAX番号(FAXで応募される方のみ)

         

        <応募先>

        メールの場合:prgroup@yodoko.co.jp

                           ※前回とアドレスが違うのでご注意ください。

        FAXの場合:06-6282-9176

         

        <応募締め切り>

        2月12日(月・祝) 17:00まで。

        抽選の結果は2月14日(水)午前中に、申込みをされたアドレスにメール、もしくはFAXにてご連絡いたします。

         

        <応募にあたっての注意事項>

        こちらをご確認の上、ご応募ください。

         

        【見学内容および注意事項】

        館内から工事の状況を見学いただきます(工事足場からの見学はありません)
        3階和室および4階バルコニーは限られたエリアでの見学となります。
        当館に昇降設備はありませんので、階段での昇降となります。
        見学者用の駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

         

         

        ご不明点等ございましたら、衢篝鄒醜歃 IR室PRグループまでお問い合わせください。

        電 話:06-6245-9103

        FAX:06-6282-9176

        メール:prgroup@yodoko.co.jp

        このエントリーをはてなブックマークに追加
        << | 2/30PAGES | >>