ヨドコウ迎賓館
(旧山邑家住宅)

※現在保存修理工事のため閉館中
◆開館日
 毎 土・日・水曜日と祝日
◆開館時間
 10:00〜16:00
 (入館は〜15:30)
◆入館料
 大人・大学生は500円
 小・中・高校生は200円
◆所在地
 〒659-0096
 兵庫県芦屋市山手町3-10
◆お問い合わせ
 淀川製鋼所 PRグループ
 TEL:06-6245-9103
 ヨドコウ迎賓館
 TEL:0797-38-1720

建物概要

国指定重要文化財
設計:フランク・ロイド・ライト
実施設計・施工監理:遠藤新・南信
設計年:1918年
竣工年:1924年
構造:鉄筋コンクリート
敷地面積:約5,200
建物面積:約359.1
延べ床面積:約542.43

links

雛人形展が始まりました

0

    先週末2月13日(土)より毎年恒例の雛人形展が始まりました。
    初日は雨が降る中、多くの方にご来館いただき、ありがとうございました。

    今年の雛人形展は4月3日(日)までの開催です。
    通常とは違って休館日が月・木曜日のみとなり、開館日が増えております。
    3月3日(木)は特別に開館しておりますので、是非この機会にフランク・ロイド・ライト設計のヨドコウ迎賓館で雛祭りをお楽しみください。

    雛人形展に関する詳細は公式ホームページに掲載しております。
    http://www.yodoko.co.jp/geihinkan/hina_tenji/index.html

    雛人形の写真はこちらでもご覧いただけます。
    http://www.yodoko.co.jp/geihinkan/hinaningyo/gallery/index.html


    ヨドコウ迎賓館 雛人形 大木平蔵
    ヨドコウ迎賓館 雛人形 大木平蔵

    当館ではガラスやケース越しではなく、直接人形をご覧になることが出来ます。
    展示場では女性スタッフによる人形の解説も行っておりますので、人形にお詳しい方も、そうではない方でも、お楽しみいただけるかと思います。
    皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

    今後、こちらのブログでも雛人形に関する豆知識や、情報等を掲載してまいります。
    「ヨドコウ迎賓館の雛人形のここが詳しく知りたい!」というご質問がございましたら、どうぞお気軽にコメントをお願いします。

    過去に雛人形について紹介した記事はこちらです。
    来館前にチェックして頂けますと、実際に見られた時により分かりやすくなるかと思います。

     ・内裏雛の並べ方
     http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=2

     ・天冠と犬筥(※内裏雛の傍に飾っている調度品)
     http://ydk-geihinkan.jugem.jp/?eid=6

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    雛人形展終了のお知らせ

    0
      4月5日(日)をもちまして、2015年度の雛人形展が終了いたしました。
      多くの方々にご来館いただきまして、誠にありがとうございました。

      今回の雛人形展は始まってから20回目という節目の年でした。
      当ブログでも雛人形に関する情報をお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。
      少しでも皆様が雛人形に興味を持ってくださったのなら嬉しいです。



      なお、4月8日(水)からは通常通り「水・土・日・祝日」が開館日です。

      春も本番を迎え、これから夏に向かって徐々に暖かくなります。
      ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)にもさわやかな風が通り、ゆっくり見学されるには心地良い季節かと思います。是非ご来館ください。



      4月4、5日は「芦屋市さくらまつり」でした。
      あいにく天候には恵まれませんでしたが、当日は多くの人で賑わいました。

      連日の雨によって幾分かは散ってしまいましたが、芦屋ではまだ多くの桜が花を咲かせています。
      日没後の桜のライトアップは4月12日(日)までされているようです。
      芦屋にお立ち寄りの際は、是非芦屋川沿いを散策されてはいかがでしょうか。

                        
      このエントリーをはてなブックマークに追加

      犬筥と天冠

      0
        今回は内裏雛のそばに飾っている調度品についてご紹介します。
        近年の雛人形ではあまり見られないものもあるためか、来館された方からもよくお問い合わせを頂きます。

        この男雛と女雛の前に飾っているものをご存じでしょうか?





        これは犬筥(いぬばこ)と呼ばれるものです。

        顔は人間の子供で、体は犬を表しています。雌雄一対で、左向きが雄、右向きが雌となっています。読んで字の如く、犬“筥”は体が上下に分かれる“箱”になっており、中に安産のお守りや白粉などを入れて使っていたそうです。当館の犬筥は人形用のミニチュアのため15僂曚匹任垢、実物は30〜40僂曚匹梁腓さがあります。

        昔の公家などではこれを花嫁道具として持参しました。犬は多産であり、またお産が軽く、産後の肥立ちも良いといわれています。そのため、生まれてくる子供の安産と健やかな成長を願って、犬筥がお守りとして用いられるようになりました。産後は、子供の守り神として枕元に置かれたそうです。




        次に、女雛の隣に飾っている天冠(てんがん)をご紹介します。
        天冠とは、幼帝が即位のときに被る冠のことです。

        この天冠の所有者は女雛になります。近年ではあまり見かけませんが、江戸時代に多く作られた享保雛などでは天冠を被っている女雛がよく見られました。
        当館の女雛は 「御垂髪(おすべらかし)」という上下左右にボリュームのある髪型をしているため、天冠を被ることが出来ません。そのため、こうして隣に飾っています。



        正面には、人形の依頼主である山邑家が造る酒銘「櫻正宗」の商標にちなんだ桜の紋。冠から複数垂れ下がっている、瓔珞(ようらく)という飾りの先には、本物の珊瑚が使われています。
        近くで見ると人形用だとは信じられないほど、精巧かつ豪華に作られていることが分かります。

        雛人形を見る時、つい人形の方にばかり目を奪われてしまうかもしれませんが、段上を彩る調度品にも手の込んだ名品が揃っています。
        ご来館の折には、是非細かいところにも目を向けてみて下さいね。
         
        このエントリーをはてなブックマークに追加

        内裏雛の並べ方

        0

          今回は当館で展示している雛人形についてお話ししたいと思います。
          テーマは「内裏雛の並べ方」です。
          皆さんは男雛と女雛を左右どちらに並べますか?
           



          当館では男雛を向って右、女雛を左に並べています。
          全国的には逆に並べるところが多く「どちらが正しいのか」というご質問をよくお受けします。

          日本の礼法では、古来、上位は左になっていました。もともとは中国から伝わったようですが、皇帝が不動の北極星を背にして南に向かって座り、日の昇る東が沈む西よりも上位とされたようです。

          元侍従長・入江氏の随筆にお雛様の飾り方に関する記述があり、御所でも向かって右に男雛・左に女雛となっていたそうです。
          そのため、当館の人形を制作されたお店では、向って男雛を右・女雛を左にして飾りつけをされていました。

          左右が反対になったのは明治から大正にかけてのようで、西洋においては逆に右上位が基本で、ヨーロッパ皇室の儀礼を取り入れて撮影された天皇・皇后のお写真に端を発しているようです。

          オリンピックの表彰では、金メダリストが真中で、向かって左が銀メダリスト、右が銅メダリストになっているのも同じ考え方からのようでわかりやすいですね。

          どちらが正しいという事はなさそうですが、当館では人形店さんに倣い、有職故実風に男雛を向って右、女雛を左に並べています。

          いかがでしたでしょうか?
          人形の並べ方ひとつとってもいろいろな由来がありますね。

          なお、当館の雛人形についての詳しい内容はホームページにも載せています。

          <雛人形展について>
          http://www.yodoko.co.jp/geihinkan/hina_tenji/

          <雛人形について>
          http://www.yodoko.co.jp/geihinkan/hinaningyo/
           

          このエントリーをはてなブックマークに追加
          << | 2/2PAGES |